悪徳出会い系に身分証を送った結果 概要

身分証明書

「悪徳出会い系サイトに、身分証明書(免許証・保険証・パスポート)を送ってしまったのですが大丈夫でしょうか?」
という相談を毎日のようにいただきます。

結論から言うと、大丈夫です。
そもそも、身分証を送らせるのは児童ではない事の確認をしているだけで、それ以上の意味はありません。

なぜ児童ではない事の確認をするかというと、もしも未成年者に課金したとなれば、すぐに警察が動くからです。

【1】本名や住所を教えてしまった

僕はこのサイト開設以来、数万人を超えるユーザーの声を聞いてきましたが、業者が家まで取り立てにきたという報告は1度も聞いたことがありません。

そもそも悪徳業者は、身分を隠して運営をしています。
会社名や住所なども、ダミーであることが多いです。
その連中が、わざわざ危険を犯してまで、顔を見せに来るでしょうか?

ましてや、職場などわかるハズがありません。
探偵を使って調べるという方法もありますが、探偵を1週間雇うと、だいたい50万くらいかかりますので、そんな割に合わない事を彼らがするハズはありません。

【2】銀行口座を教えてしまった

支援詐欺(お金あげます詐欺)業者は、必ずユーザーの銀行口座を聞いてきます。
これには2つの理由があります。

1つは「振り込む意思がありますよ」というニセの意思表示をするため。
2つ目はユーザーに脅しをかけるためです。

ユーザーの中には、銀行口座を教えただけで、個人情報を全て把握されたような錯覚にとらわれてしまう人がいるので、その心理を悪用しているというワケです。

しかし、実際には銀行口座だけでは、本名と居住地域くらいしかわからず、個人情報など何もわかりません。
ましてや、そこからお金を引き落としたりすることなど、できません。

昔、ヤミ金融 全盛期には「押し貸し」といって、勝手にお金を振り込んできて利子を請求するという手口もありましたが、ここ数年は確認されていません。

口座も、もちろん解約しなくてもOK。
つまり、まったく何もしなくても心配いりません。

【3】顔写真をメールで送ってしまった

「顔写真をメールで送ってしまったのですが、悪用されないでしょうか?」
という質問をしてくる人もよくいるのですが、ちょっと自意識過剰だと思います。

今時、顔写真などネット上にあふれています。
あなたがアイドルで、しかも送った写真というのが、週刊誌が飛びつくような「あられもない姿」であるというのなら話は別ですが、それ以外の場合は大丈夫でしょう。

ただの一般人の顔写真など、悪用のしようがありません。

【4】後払いでポイントを購入してしまった

後払いは、踏み倒しても大丈夫です。
なぜなら、後払いシステムがある出会い系は、例外なく全て悪徳出会い系だからです。
まともな出会い系で、後払いシステムがあるところというのは、僕は1つも見たことがありません。

「自宅まで取りに来ませんか?」
とよく聞かれますが、そもそもやっている事自体が違法なので、来るハズがありません。
そんな事をすれば、捕まるのは自分達です。

それに、彼等はたいていが少人数で、マンションの一室などで運営をしています。
凄い数のメールを送ってくることがありますが、それは機械が自動的に送信しているだけで、決して手作業でやっているワケではありません。

彼等には、わざわざ遠方のユーザーの自宅まで集金に行っているような余裕はないのです。
アドレス変更してしまえば、それ以上は追ってこれないのでそれで終了です。

【5】悪徳業者の立ち位置について

「サクラ出会い系業者」はあくまで「合法的にユーザーからお金をとりたい」と考えています。
ですから、強引に金品を奪うような行為や、面と向かって請求してくるような事はまずありません。

サクラ出会い系の利用規約を読んでみるとわかるのですが、以下のような記述が必ずあります。

「当サイトは、フィクションです」
「当サイトは、出会いを斡旋するサイトではありません」
「メールの返信は、当社の従業員が対応させていただく場合もあります」

このような記述があるので、現在の日本の法律では、サクラ出会い系を裁く事は非常に困難になっています。
数億円という脱税で捕まった業者ですら、サクラを使った事に関しては、何のおとがめもないというのが現状です。

彼等は強盗団ではありません。
一応、裁判沙汰になった時の事まで考えて、運営をしています。
ですから、家まで取り立てにきたり、どこかで待ちぶせされるような事は、決してないのです。

 
このコラムについての感想があればコメントお願いします!

≫正確な出会い系ランキングへ