架空請求された時の唯一の対処法

悪徳出会い系でカード決済

サクラだらけの悪徳出会い系サイトでうっかりクレジットカード決済をしてしまい、悪用されないかと心配している人は多いと思います。

結論から言いますが、そんな心配はご無用。
なぜならあなたのカード情報は出会い系業者に渡っていないからです。

決済代行会社の仕組み

ユーザーと出会い系サイト運営業者の間には必ず決済代行会社というのが入っています。(下図参照)

カード決済の仕組み

決済代行会社とは文字通り、カード決済を代行してくれる会社です。
小さな小売店やネットショップが大量のカード情報を管理するのは危険なので、このような代行会社が間に入っているというワケなのです。

決済代行会社はSSL通信という手法を用いて、サイト運営者にもサーバー会社にもわからないように、情報を暗号化して決済をします。

出会い系業者の手に渡るのは、せいぜい名前と決済金額くらいで、あなたの詳細な情報は伝わっていないのです。
だから大丈夫なのです。

決済後でも取り消せるって本当?

決済後にそのサイトが悪徳だとわかった場合はすぐに地元の消費者センターに連絡しましょう。
相談員の方に間に入ってもらい、決済代行会社に「決済中止」を申し出ます。

カード会社から業者にお金が支払われるのにはタイムラグがあるので、うまくいけば支払わなかったことにすることが可能です。
詳細なやり方などは以下を参考に。

・出会い系で被害にあったらどこに相談すればいいの?
http://onijima.jp/?p=2976

身に覚えのない金額が引き落とされたら?

ごくまれに、決済した覚えのない金額の請求が来ることがあります。
ネット決済ではあまり聞きませんが、レストランなどでは店員さんの打ち間違えなどによって、実際とは違う金額が決済されてしまう事があります。

また不正アクセスなど、悪意の第三者によってカード情報を盗みとられ、悪用されてしまったケースなども報告されています。

しかし、そんな時でも心配ご無用。
殆どのクレジットカードには不正利用の補償というものが付いていて、心あたりのない請求は支払わなくていいことになっているのです。

期間はだいたい「決済後60日位内」などに設定されていますので、気がついたらすぐにカード会社に連絡しましょう。

悪徳出会い系に個人情報を入力した人へ

悪徳出会い系サイトに、
本名と住所を登録してしまった
アドレスを登録してしまった
電話番号を登録してしまった
銀行口座を登録してしまった
などと言って当サイトに相談される方が毎日のようにいますが、これもハッキリ言って問題ありません。

被害といえば、せいぜい迷惑メールが来たり、ダイレクトメールが家に送られて来るぐらいのもので、これといって目立ったものはありません。

迷惑メールなどは受信拒否 or アドレス変更してしまえばそれで終わり。
ダイレクトメールなんか、そのままゴミ箱に入れてしまえばいいでしょう。
口座情報にしても、それだけで悪用するなんてことは不可能です。
「通帳と印鑑を盗まれた」というのなら話は別ですが、それ以外であれば別に気にする必要はありません。

そもそも、最近の人は個人情報流出に敏感になりすぎです。
そんなものを気にしてたら、レンタルビデオ店の会員にもなれません。
あなたの個人情報に、あなたが思っているほどの価値はないのです。

とは言っても「迷惑な面倒なもの」を増やしたくないので、必要以上の個人情報を出さないようにするのがセキュリティ意識です。

とにかく訳のわからない金銭請求に対してお金を振り込まない限り、金銭被害は一切発生しないということを覚えておいてください。

ハッキリ言ってビビるだけ損

あなたが何をしようと、相手はただの違法業者です。
つまり、あなたは被害者です。
そしてここは日本という法治国家です。
何もビビることはないのです。

僕などは毎日のように悪徳業者から
「ページを削除しろ~」
「訴えるぞ~」
などと言われていますが、なんともありません。
「だから何?」って感じです。

架空請求の電話などもよくかかってきますが、むしろからかって楽しんでるくらいです(笑)
すぐに切られてしまうので、またこちらから何度もかけ直してやります。
そのうち相手が「もう許してください」と言ってきます(笑)

弱気になっているから業者につけこまれるのです。
悪徳業者は常に、
・弱気になっている人
・情報弱者な人
を探しています。

正しい知識を持って、どうか強気で対処していただきたいと思います。

 
このコラムについての感想があればコメントお願いします!

≫正確な出会い系ランキングへ